鍼治療

鍼灸師をめざすなら専門学校に行こう

鍼灸師と患者

薬を使わない治療法として今日注目を集めている東洋医学の1つが鍼灸師です。鍼灸師を目指しているけど、普通の大学に行けばいいのかと思っている人、医学部でないと無理なのかなと不安な人や何をすればいいのか分からない人におすすめしたいのが鍼灸専門学校に行くことです。そんな学校があるのかと思うかもしれませんが、実はあるのです。専門学校では鍼灸師になるための知識や技術を1年次から学び、実践します。実際の現場で働いている現役の鍼灸師の方から早いうちから学ぶことが出来るのは専門学校でなければ出来ないことです。加えて国家試験対策もしっかりとフォローしてくれます。そして就職活動においても様々なサポートがあります。これらは全て専門学校ならでは鍼灸師に向けた授業や実践と多くの卒業された方々の情報があってこそのことであり、あなたが将来、鍼灸師として輝けるように多くのサポートをしてくれます。国家試験合格率や就職率も他の大学を上回っていて数字から見ても専門学校に行くことが今後鍼灸師になろうと考えている人たちにとっては大きなアドバンテージとなってくれます。あなたも鍼灸専門学校に通って誰かを助けられる立派な鍼灸師になることが出来ます。

鍼灸師になるなら専門学校で資格取得

鍼灸師を目指す場合、国家資格を取得する必要があるため、鍼灸専門学校へ通うことが多いです。鍼灸専門学校では、国家試験に合格するための緻密なフォローを徹底的に行っています。具体的には、過去の試験の出題傾向を分析し、模擬試験などで対策を行ったり、一人一人にあった苦手な科目のフォローなどがあります。もちろん、国家試験の対策だけではなく、基礎的な医学の知識や鍼灸理論など、実用的な勉強もしっかりすることができます。また、実際の施術で重要な技術も、様々なケースを想定した実習を通して学ぶことができます。
専門学校を卒業し国家資格を取得すると、鍼灸師として働くことが可能になります。鍼灸師になると、病院や鍼灸サロンなど、様々な医療の現場に立つことができます。また、鍼灸師として現場で経験を積み、将来的に独立開業をする人も多くいます。専門学校に通うと、卒業後の進路まで丁寧にフォローしてくれるため、自分が希望する働き方に沿ったサポートを受けられます。
このように、鍼灸専門学校では、鍼灸に関する知識や技術を一から学ぶことができ、将来的に活躍の場所を増やすことができます。鍼灸師を目指す方は、鍼灸専門学校で学ぶことをおすすめします。

鍼灸師の専門学校ってどんなところ?

国家資格である鍼灸師になるための鍼灸専門学校への通学を考えている方のために、今回は鍼灸専門学校とはどんなところかを解説します。

まず鍼灸専門学校には幾つかの学科がありますが、鍼灸特化型の学科や、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師3種類の専門資格を学習できる学科などがあります。鍼灸師として活動したいのか幅広く活動したいのかを選べます。
鍼灸専門学校卒業後の進路は、鍼灸師の他には整体師も多いです。

授業内容は、国家試験の試験科目を中心に学ぶ事になりますが、実践的な授業もあります。
学校によっては運動会などのレクリエーション活動もあり、多くの学校では息抜きの活動があります。自分がこれから通学を考えている学校の授業内容も確認してみましょう。
国家試験の試験科目は15科目程度あり、その全ての科目の勉強をする事になるので、人によっては大変に感じるかもしれません。留年する人は普通の学校よりも多いです。

鍼灸専門学校と聞くと「狭き門」という印象を抱く人が多いですが、現在は鍼灸専門学校の数が増えており、昔よりは入学がしやすい状況になっています。学費こそ500万円と高めですが、鍼灸師を目指すなら専門学校で学習しましょう。


人の体は複雑にできています、その中で肩や腰などのコリを無くす必要があるわけです、昔から伝わる鍼灸を学べる鍼灸学校のなかでも『東洋鍼灸専門学校』がおすすめです!創立60年を迎え今現在も沢山の鍼灸師を生み出しています!

おすすめ

ニュース

SITE MAP